文京区では、「CHALLENGE FROM BUNKYO」を掲げて関東一部リーグで活躍している東京ユナイテッドFCを、区をあげて応援しております。私も区議会のサッカー議連(「BUNKYO区議会 東京ユナイテッドFC & 文京LBレディース サポーターズクラブ」)副代表として、スペシャルサポーターである成澤区長とともに、チームをサポートしております。

次の試合は8月5日(日)に、千葉市のフクダ電子アリーナにて、さいたまFCと対戦の予定です。今後の対戦スケジュールは、以下の公式サイトをご参照ください。ぜひ、地元チームを温かく応援していただければと思います。

さて、実は文京区本郷には、「日本サッカーミュージアム」という施設があります。2002年の日韓ワールドカップを記念して設置されたこの施設には、日本のサッカーの歴史にまつわる様々な物品が展示されています。

先日閉幕したばかりのワールドカップロシア大会に関しても、対戦国ユニフォームや、大迫勇也選手が受賞した”バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチトロフィー”の展示が早速行われているとのことです。

7月30日から8月26日にかけては、「夏休み自由研究イベント」と題して、小中学生の自由研究に役立つイベントブースが設置されるそうです。期間中にはスペシャルワークショップ、スペシャルトークイベントも企画され、心肺蘇生法とAED使用方法を学ぶ簡易救命講習会の開催も予定されています(詳細は、下記公式ホームページを参照)。

暑い日が続いていますが、こうした施設を訪れて、涼みながら、文化的な時間を過ごす夏休みはいかがでしょうか。

【東京ユナイテッドFC公式サイト】
https://tokyo-united-fc.jp

【日本サッカーミュージアム基本情報】
所在地: 〒113-8311 東京都文京区サッカー通りJFAハウス

アクセス: 御茶ノ水駅から徒歩約8分、湯島総合センターと湯島幼稚園に隣接

開館時間: 火〜金/13:00〜18:00 土日祝・特別開館/10:00〜18:00

公式ホームページ: http://www.jfa.jp/football_museum/